2006年01月28日

プリンからの手紙

今日母から、こんなもの出てきたよ。

と、渡された1枚の封筒に入った手紙らしきもの。


そもそも”プリン”とは、ピノが3歳のころから15年間、
一緒に暮らしていた愛犬のこと。


DSC02352.jpg



---------------------


君のコトを


ボクは君のコトををずっと見てきたよ
小さい頃から今に至るまで
時にはボクの目の前で静かに泣く君を
ボクは無力を感じながらも
君の涙がかわくまでずっと、待っていたよ


ボクには何もしてあげられない
君の涙になぐさめの言葉ヒトツすら
かけてあげられない


ボクは君にとって必要だったの?
ボクはボクで生まれてきて
君は君で生まれてきた
それで出会ったのがこの家さ


だからせめて君がこの家を出る時までは
ボクは君を見守ってるつもりだよ


何年か経ってこの家に君が帰ってきたとしても
もうココで迎えてあげられるコトは出来ないかもしれない


でもボクはこの家に拾われてこの家で育って
この家でボクの人生が終わったなら
ボクはもうそれだけでシアワセさ


君のコト… これからもずっと見守っていたいな


BY プリン



---------------------


筆跡はピノみたいなんだけど、自分では覚えてなくて、
自分で考えた詩なのか、なんなのかもわからない。。。。。


ただ、とても懐かしくて、切なくて、もう1度逢いたくて、
天国でシアワセにしてるかな?ッテ、ピノは思っているよ。


毎日ピノ家を守ってくれてたね。
毎朝学校に行く前にオハヨ!が習慣だった。
今でも朝早くに庭に出ると、プリンがいた場所に目が向いて
しまうんだよ。癖っていやだね。


豊は少し離れた場所でだけど頑張っているよ。

きっとこの手紙は兄、豊に宛てたプリンからの手紙だと、
ピノは思っています。


プリン、また、逢いたいね。



゜'*・。.:*:・'゜☆piNoco'・:*:.。.:*:・'





【日記の最新記事】
ニックネーム ピノコ at 02:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イヤン、なんか涙出ちゃったよ。。。ウルウル。。
コウさんはねぇ、実家で飼ってた犬のペットロスも経験してるけど、
私は犬飼うの初めてだから、いつかくるであろうその日のことを考えると、すごく
怖いのよね。。
でもでも!!今しっかり愛してあげなきゃって
思うの。

なんかピノちゃんの強さを垣間見た気がするよ☆
Posted by タマさん at 2006年01月29日 12:20
素敵な詩・・切なくなる。
私は小さい頃ワンコと生活していなかったから
経験がないけど、タマさんの言うとおり
いつかくるその日のことを考えると怖い。。
プリンちゃんのこと知ることができて
私も嬉しかったです。。

ぺーちゃん大きくなったね♪
元気そうで良かった(^^)/
Posted by シェルママ at 2006年02月01日 11:59
ピノちゃんが書いたの??
凄いね〜!!感動しました(T-T)
泣きそうになってしまったよ〜
プリン君のやさしさと家族のみんなの優しさが伝わってきましたよ☆
私も3匹になったので、みんなに幸せを与えられるようになりたいです。
いつも幸せにしてもらってばかりだから。。。
Posted by ティア・ショコラママ at 2006年02月01日 21:06
タマチャン
シェルママン
ティアショコママン

いつもコメントありがとう。。なんだかね、
この詩がでてきて考えさせられることがいっぱいあったよ。。
人間に比べれば短い間やけど、
限られた時間の中であっても、その時間を共にできて、
嬉しいこともつらいことも一緒に共感しあえる
ワンに出会えてよかったなぁってしみじみ
思ってるん。。
一緒にいてシアワセだったよと、ワンたちにも
思ってほしいなぁ。。。と思うピノです。

また遊びにいくねぇ。


゜'*・。.:*:・'゜☆piNoco'・:*:.。.:*:・'
Posted by at 2006年02月04日 23:11
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/181692
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック